BLP/ビジネス・リーダーシップ・プログラム
[経営学科コアカリキュラム]経営学部

企業が直面する問題にチームで取り組み、企業へプレゼンテーションを行う

リーダーシップ入門(BL0)

企業から提示される課題にチームで挑む、プロジェクト型授業。実践を通し、各々のリーダーシップ発揮法を見つけていきます。

2020年度 課題:あなたのちょっといい時間をつくるためにTBSができること

※2020年度はオンラインで実施(写真は2019年度のものです)

1.チームで役割を決め業界研究スタート

まずはチーム内の役割決めからスタート。業界をリサーチしてアイデアのタネを探します。

2.ディスカッションで課題を深掘り

みんなでアイデアを持ち寄ってディスカッション。「SWOT分析」で強み/弱みを検討します。

3.クラス合同でのポスター発表

プランポスターに提案をまとめ、クラス合同で中間発表。当日の質問を想定して、資料を作り込みます。

4.ブラッシュアップして学内コンテストへ

中間発表の講評を受けて、プランをブラッシュアップ。他チームや教員のアドバイスは貴重です。

5.練り上げたプランを学内コンテストで発表

学生と教員の前でプレゼンテーションに挑戦。90チームの中から代表チームが選ばれます。

6.代表チームによる本社プレゼンテーション

代表チームが企業を訪問。現場で直接、企画を発表します。意見や激励は貴重な財産になるでしょう。

これまでのテーマと協力企業

協力企業のメッセージ

「あなたのちょっといい時間をつくるためにTBSができること」をテーマに学生の皆さんにご提案いただきました。500人近い学生が、毎日、TBSのことを考え、90もの新企画を考えてくださるということはとてもありがたく、レベルの高いすべての提案が当社にとっては、学生の「今」を知る貴重なデータとなりました。その中から最終に残ったTBSラジオとコラボした自己肯定感を高める日記投稿アプリ「RADIARY」の企画は、まさに今回のテーマに合致。私たちも「そう来たか!」と思わせるものでした。プログラム終了後の現在、実現に向けTBSラジオ制作スタッフと企画会議を重ねている段階です。コロナ禍のためすべてオンラインという制約のある環境のなか、その特性を積極的に取り入れ、活かし、取り組むという学生たちの柔軟性にも驚きました。

経営学科 学びのトピックス

実践力を養うプロジェクトと、知識やスキルを磨く授業を交互に実施することで、段階的に経営学への理解を深めていきます。

課題解決に向けてチームで協働する経験を通して、互いの強みを引き出す全員発揮のリーダーシップを育みます。

ビジネスの前線で戦う実際の企業と連携し、プロジェクト型の事業を実施。問題発見力と論理的思考、課題解決力を修得します。

4年間のカリキュラム

BLPメールマガジンのご案内

BLPでは日々の活動について定期的にメールマガジンで発信を行っています。
ご興味をお持ちの方は、下記のリンク先よりぜひご登録ください。

メールマガジン詳細はこちら

お使いのブラウザ「Internet Explorer」は閲覧推奨環境ではありません。
ウェブサイトが正しく表示されない、動作しない等の現象が起こる場合がありますのであらかじめご了承ください。
ChromeまたはEdgeブラウザのご利用をおすすめいたします。