BBL/バイリンガル・ビジネスリーダー・
プログラム[国際経営学科コアカリキュラム]経営学部

英語で経営学を学びながら、英語で企業へプレゼンテーションを行う
※2020年度はオンラインで実施(写真は2019年度のものです)

1年次/BBL0

グループごとに企業を調査。また、英語でディスカッションやプレゼンテーションのトレーニングを積みます。

1年次/EAP1

ビジネスに関する英文を読み、内容についてディスカッションします。その他、ライティングやプレゼンテーションなどを行い、アカデミック英語の基礎を固めます。

1年次/Overseas EAP 短期留学

海外協定大学に3週間の留学を体験します。留学先では現地企業のビジネス課題を調査し、英語でプレゼンテーションを行う課題に取り組みます。

2年次/EAP2

経営学を英語で学ぶ力を修得します。正しい情報を引用するすべを学び、リサーチ結果をレポートにまとめるライティングスキルの向上を図ります。

2年次/ESP

英語で実施される専門科目の授業内容を深く理解し、効果的にアウトプットする方法を身につけます。国際経営学を学び、ビジネスの語彙を増やします。

3年次〜/Advanced Business Project 

協力企業が出題するビジネス課題に挑みます。多国籍チームで課題解決に当たり、企業の方々に対して、英語でプレゼンテーションを行います。

Business Project これまでのテーマと協力企業

協力企業からのメッセージ

私たちはビジネス戦略を強化し、新規開拓のための独創的なアイデアを求めていました。学生たちが提案したマーケティング戦略はどれも創造的でした。新しいメディアを活用し、ポップカルチャーと組み合わせてハッシュタグを作成することで、人々がA Iを身近なものに感じるだけではなく、テクノロジーに温もりをも与えてくれました。学生たちのブレインストーミングは、とてもエネルギッシュで、自由な発想で現実的な戦略を確立するための新しい視点を与えてくれました。B B L の短い期間にA I やスタートアップ、ブランディングの知識を修得し、最終のプレゼンテーションに臨む姿は、とても自信に満ち溢れていたように思います。立教経営の学生たちは、創造力や国際性で高いポテンシャルを持っていると思います。これからも情熱を持ちながら新しいことに挑戦してください。

国際経営学科 学びのトピックス

専門科目は英語中心で展開。段階的に英語開講科目を増やしていくことで、着実に英語力を高め、同時に経営学への理解も深めます。

1年次の短期留学をはじめ、中長期留学も経験できる機会があります。異文化を体験することで、リーダーシップの力が加速度的に伸びていきます。

日本のキャンパスにいながらグローバルを肌で感じられる環境。留学生とともに受講し、多様性の中で世界に通用するリーダーシップを身につけます。

4年間のカリキュラム

お使いのブラウザ「Internet Explorer」は閲覧推奨環境ではありません。
ウェブサイトが正しく表示されない、動作しない等の現象が起こる場合がありますのであらかじめご了承ください。
ChromeまたはEdgeブラウザのご利用をおすすめいたします。