教育プログラム

海外インターンシッププログラム
2017年度夏のインターンシップに12名が参加しました

2018年02月06日 更新|  印刷印刷する

本年度の経営学部開講の夏の海外インターンシップ(科目名:Global Internship)は昨年のフィリピン、ラオス、カンボジアに加えて、オーストラリアにて8月・9月の夏休みを利用し実施しました。

 今年は文学研究科、経営学部、社会学部、法学部、理学部、観光学部から大学院生、学部1年生~3年生の計12名が参加し、人材・IT・教育・コンサルティング・旅行など各々の国において研究科・学部での学びを生かして6週間の実践型インターンを行いました。

 多国籍の人々と共に働くことで、多くの気づきを得て帰ってきました。

 今年初めて開催したオーストラリア・シドニーでのインターンシップに参加した経営学部経営学科2年次生の小路千尋さんに体験談を伺いました。

 <経営学部経営学科2年次生 小路千尋さん>実習先:SELC

 私の今回のインターンシップに、海外で働くという経験をしてみたいという思いから応募をしました。

 実際に6週間実習をさせていただいた結果、社会人としての仕事への姿勢や異文化の職場でのコミュニーケーションの築き方など多くのことを学ぶことができました。今回得た仕事や異文化に対する考えは、今度進路を考える上での自分の土台となりました。この経験を忘れずに、今度の大学生活をより有意義なものにしていきたいと思います。

IMG_5839 (小路千尋)).jpg