教育プログラム

留学〈報告書〉
交換留学先のオーフス大学(デンマーク)で勉学にいそしむ経営学部生

2017年06月06日 更新|  印刷印刷する

デンマークのオーフス大学に2016年8月〜2017年6月の予定で留学中の国際経営学科4年次生・脇永奈津子さん(立教女学院高等学校卒;松本茂ゼミ)からのお便りです。

                                                                    *****

オーフスはデンマークの第二の都市で、中世の佇まいが美しい景観を形成する一方、モダン建築も多く、街を歩くだけで新旧を一度に感じられる魅力的な街です。2017年には欧州文化都市にも選定され、多くの文化的イベントが行われています。また、人口の約15%を学生が占めるなど、街全体が巨大なキャンパスになっており、日々活気で溢れています。

授業の多くは、Lecture(講義)とTutorial(少人数ワーク)が平行して行われ、インプットとアウトプットのプロセスが徹底されていました。例えば、”Corporate Media”という授業では、実際にデンマークのベンチャー企業をクライアントにコミュニケーション戦略を提案するなど、世界各国の学生とディスカッションを重ねながら、実践を通じて学ぶことができました。

Wakinaga-study abroad.jpg

 2列目左から3人目が脇永さん(授業の最終日に記念撮影)