専門科目

活動レポート
「Global Internship(長期実践インターンシップ)」秋学期 第1回事前研修授業

2018年11月29日 更新|  印刷印刷する

年の秋学期は25名の履修登録があり、1127日に第1回事前研修授業が始まりました。

経営学科長の高岡先生、兼任講師の伊藤先生、竹本先生の3名が担当し、講義とゲスト・スピーカーとのディスカッション、ビジネスマナー講座など、インターンシップやキャリアについて深く考える授業となっています。

初回のオリエンテーションでは、実践型インターンシップと企業支援をしているNPO法人ETIC.所属の伊藤先生によるワークショップが行われました。経営学部では4週間以上の長期インターンを推奨しており、見学や体験で終わってしまうインターンではなく、実践型として企業に貢献することを目標としています。実践型インターンに参加する心構えと、「良いインターンシップにするために学生側・企業側それぞれが意識すること、準備することは何か」を題材にグループディスカッションを実施。受入企業側には、学生の意見を真面目に受け入れてほしい、困ったときにはFBを与えてくれる、学生側では、アルバイトとは違うことを意識して責任感を持つことが必要などの意見が出ました。最後に伊藤先生からもアドバイスをいただき、これからインターンをするにあたって有意義なインターンにするにはどうしたらよいのかを真剣に考える機会となりました。

来週は、「企業のエグゼクティブと語る」と題して、ゲスト・スピーカーをお招きしての講義となります。

 <受講生の感想>

今回初めて受講してみて、緊張や不安、インターンってどんなことをするのだろうという疑問がありました。授業を受けて、アルバイトとの違いや学生と企業が準備することを考える機会があり、インターンをするにあたり明確な目標を持つ必要があると感じ、より一層気を引き締めたいと思った。(国際経営学科1年)

周りに1年生が多くて驚きました。ベンチャー企業やプロジェクト型のインターンを想定しているようですが、私はみんなとは少し違い、大きな会社の一員としてインターンをしているので、自分なりに大きな会社だからできることや、外資だからできることを見つけていきたいと思います。(国際経営学科2年)

 文責:経営学部 岸田 加容子

 

DSC00007.JPG

 

 

専門科目

rss RSS 更新情報

特色あるカリキュラム

  • 経営学科BLP(Business leadership program) ビジネス・リーダーシップ・プログラム
  • 国際経営学科BBL(Billingual Business Leader Program) バイリンガル・ビジネスリーダー・プログラム
  • 大学院MIB(Master of International Business) 国際ビジネス修士プログラム

EFMD
欧州の大学認証機関EFMDのメンバーです。

  • YouTube
  • Picasa
  • twitter