専門科目

活動レポート
「ワークショップ演習B」の受講生がデトロイト トーマツ コンサルティング様で特別講義を受けました

2017年07月07日 更新|  印刷印刷する
西原ゼミ (2).jpg

2017年6月29日、「知識創造経営とソーシャル・イノベーション」を研究テーマとする「ワークショップ演習B」(担当:西原(廣瀬)文乃助教)を受講している学生たちが、デトロイト トーマツ コンサルティング合同会社(DTC)様のオフィスを訪問しました。そして、ストラテジー リーダーの藤井 剛様より、DTCのCSV (Creating Shared Value) をテーマとしたコンサルティング活動とCSVへの取組について講義していただきました。

真のCSVとは「自社の事業が成長すればするほど世界が良くなる」事業構造への転換であることを事例と共に紹介ししていただき、学生たちは積極的に質問しておりました。


参加した学生の感想:
CSVが提唱されて日は浅いが、デロイト トーマツ社はこの重要性を強く主張し、その本質を自社の成長に応じて世界が良くなる事業構造としている。CSVが今後の経営の重要なカギになると確信した。
国際経営学科3年次生 櫻井孝高(立教新座高等学校卒)

デトロイト トーマツ グループのCSR: https://www2.deloitte.com/jp/ja/pages/about-deloitte/topics/gcsr.html
デトロイト トーマツ コンサルティングのFacebook: 
https://www.facebook.com/DeloitteTohmatsuConsulting/posts/1655857737758094

専門科目

rss RSS 更新情報

特色あるカリキュラム

  • 経営学科BLP(Business leadership program) ビジネス・リーダーシップ・プログラム
  • 国際経営学科BBL(Billingual Business Leader Program) バイリンガル・ビジネスリーダー・プログラム
  • 大学院MIB(Master of International Business) 国際ビジネス修士プログラム

EFMD
欧州の大学認証機関EFMDのメンバーです。

  • YouTube
  • Picasa
  • twitter