教育プログラム

大学院

経営学研究科は、既存の経済学研究科経営学専攻および社会学研究科応用社会学専攻を母体として2006年度新たに組織されます。本研究科の教育研究上の理念は、生産プロセスの国際化・モジュール化、企業組織のグローバル・ネットワーク化などの新しい経営環境を、多様なアプローチを用いて分析する能力と知識を備えた研究者および高度職業人を育成することです。

現在、企業が直面している経営環境のダイナミックな変化を理解し、それへ対応策を示すことは、経営の実務面だけではなく、経営学の理論面でも大きな社会要請となっています。本研究科は、従来よりも視野の広い学際的な経営学教育を重視し、新しい経営環境を様々なアプローチから主体的に考察しようとするアカデミックな大学院教育への社会的期待に応えることを目標としています。