News&Announcements

在学生向け
【9/18申込締切】春休み短期留学9日間:タイ最終募集のご案内

2018年09月06日 更新|  印刷印刷する

 1年次生~4年次生の皆様へ

2月出発のタイ短期留学9日間の最終募集が決定しました。
既に催行決定しております。
応募期間は9月11日(火)9:00~9月18日(火)16:00 経営学部国際交流事務局提出(もしくは簡易書留郵送)です。
ご応募お待ちしております。

なおマレーシアは定員に達したため現時点で追加募集の予定はございません。
 
 
◆正課科目:「タイ短期留学9日間」と「マレーシア短期留学9日間」の2つのプログラム。
 (科目名:Short-term Study Program 2 秋学期4単位、日程概要は下記参照)
                                              ◆グローバル奨学金対象、またJASSO奨学金7万円の申請が可能となっております。
 

                                                                                           海外に関係する仕事につきたい、多文化共生に興味がある、経済発展とその裏側も見てみたい、国境間貿易を体感したい、新しいことにチャレンジしたい、将来やりたいことを見つけたい、ハラルとはどんなものか体感したい方にお勧めです。

例年参加の学生は帰国後、大学生活の過ごし方、将来の職業選択など変化がありました。
4年生は社会人になる前に大学のプログラムに参加する最後のチャンスです。

 <説明会>
池袋キャンパス
日時:7月17日(火) 12:30~13:00 場所:10号館 X305教室
 ⇒終了しました

<授業目標>                                                                                                                                    文化体験、異文化交流、企業訪問を通してアジアで活躍できるグローバル人材となるべく気づきと学びを醸成する。

 <授業内容>
春季休業期間にマレーシアもしくはタイを9日間訪問し、経済成長が著しいアジアを体感する短期留学プログラムです。訪問国の大学にて英語で文化・歴史・経済・現地語講座などの特別講義の受講した上で現地大学生とのワークショップを行います。訪問国の日系及び外資企業・団体、国際機関等を訪問し、海外で働くとはどのようなことかを考えます。Short-term Study Abroad Program2では設定された訪問国の現状に即したテーマについて探求します。詳細はシラバス参照。
 
 
タイ テーマ「経済回廊開通による東南アジアと日本の未来を考える」
 
期間:2018年2月19日(火)出発~2月27日(水)帰国 9日間
募集人数:20名
費用:24万円~28万円 為替・参加人数により変動します。
事前研修:11月~1月 月曜6限他、春休み中の2月に2日間の集中講義実施。
3月に帰国後報告会あり。
 
募集期間:2018年7月23日(月)9:00~2018年7月27日(金)16:00 
最終募集:2018年9月11日(火)9:00~2018年9月18日(火)16:00
 
 *郵送可 9/18消印有効 郵送での応募方法は募集要項をご確認願います。   
   
<概要>
 東南アジアでいち早く経済発展を遂げたタイのバンコクとタイ北部のチェンライの企業、NGO団体を訪問します。都市部と郊外の経済格差、南部経済回廊の国境間貿易・物流の現状から周辺国(特にに中国)との関係を考察します。現地大学生(泰日工業大学、メーファールアン大学)と、タイ、日本の将来や両国の学生のキャリアへの考え方の違いなどについて意見交換をします。
訪問企業・団体(予定):JETRO、日系非製造業企業、タイ現地法人企業、ドム・カム王室プロジェクト、NGO
 
     
②マレーシア テーマ「多文化共生と経済発展について」      ⇒ 至定員:募集終了

 
期間:2018年3月6日(水)出発~3月14日(木)帰国 9日間
募集人数:10名
費用:22万円-25万円 (参考昨年費用 23万円) 為替・参加人数により変動します。
事前研修:11月~1月 月曜6限他、春休み中の2月・3月に2日間集中講義実施
3月に帰国後報告会あり。
 
 募集期間:2018年7月23日(月)9:00~2018年7月27日(金)16:00 終了
郵送可 7/27消印有効 郵送での応募方法は募集要項をご確認願います。 
 
 
 <概要>
多民族国家のマレーシア首都クアラルンプールの市内を訪問し、テーマの考察を行います。
HELP大学で経済・歴史や文化を学びます。ハラルビジネス関連やエネルギー関連の経済発展に寄与している日系企業、先住民村や長屋(ロングハウス)等を訪問し意見交換をします。
参考:昨年訪問企業 日本マレーシア商工会議所、三菱商事、JX、イオン、味の素、日本航空
 
 

詳細は下記募集要項をご確認願います。↓
募集要項 申込書 誓約書


20160306_134454.jpg
 
<お問合せ>
経営学部 国際交流事務局 マキムホール6階:M611 海外プログラム担当 cobointern@rikkyo.ac.jp 
03-3985-4288 平日 9:00~17:00開室 (8/1~9/19 16:00閉室) 土日祝・8/10~8/20は閉室
     オフィスアワー 月・水・金 12:30~16:00
 
 
 ※ 新座キャンパス:国際センターにも「募集要項」他の資料を設置しております。

 

 

News&Announcements

rss RSS 更新情報

特色あるカリキュラム

  • 経営学科BLP(Business leadership program) ビジネス・リーダーシップ・プログラム
  • 国際経営学科BBL(Billingual Business Leader Program) バイリンガル・ビジネスリーダー・プログラム
  • 大学院MIB(Master of International Business) 国際ビジネス修士プログラム

EFMD
欧州の大学認証機関EFMDのメンバーです。

  • YouTube
  • Picasa
  • twitter