News&Announcements

その他在学生向け
第16回立教経営塾 「日本企業のイノベーションと、日本経済の持続的成長を考える」の開催について

2017年05月19日 更新|  印刷印刷する

 経営学部 第16回立教経営塾

「日本企業のイノベーションと、日本経済の持続的成長を考える」の開催について

 

経営学部では、財務省大臣官房審議官の岡本直之氏を迎え、下記の講演会および学生との対話プログラムを開催いたします。事前申込制となりますので、ご興味のある方は是非お申込みください。

 

日 時:2017年6月7日(水)18:30~20:00
    ※グループワークの進行次第では多少の延長の可能性があります。
 

場 所:池袋キャンパス 1202教室

演 題:「日本企業のイノベーションと、日本経済の持続的成長を考える」

講 師:財務省大臣官房審議官 岡本直之氏

講師略歴:1985年大蔵省入省。JETROチューリッヒ事務所長、主計局主計官、内閣官房内閣参事官、
               理財局審議官、内閣官房日本経済再生総合事務局次長などを経て、2016年6月より大臣官房審議官。

 

内 容:日本経済が、少子高齢化にともなう国内市場や労働人口の縮小に直面していることはすでに
            知られています。これは社会全体では、財政の悪化による市場経済の持続可能性の問題にも
            及んでいます。これまで以上に企業が活性化し、イノベーションを起こして経済の再生に
            貢献することが求められます。
            他方で少子高齢化は、組織の意思決定プロセスの硬直化やリスク回避型の組織文化の蔓延など、
            このような企業並びに社会の問題の解決に必要な企業のイノベーションを阻害しかねない経営上の
            問題を伴う可能性が指摘されています。
            経営学を学ぶ学生が、これらについて考える機会は多くありません。本講演会では、このような
            状況を学生自身がどう問題として取り上げ、考え、行動すればよいのかについてのヒントを、
            まず第一部の基調講演のなかから得ることを目指します。
            そのうえで、第二部の講演者と学生とのパネル対談を通して、身近な問題として認識を深めることを
            目指します。
 

次 第:①講演20分、②グループワーク40分、③発表と質疑応答30分

主 催:立教大学経営学部

対 象:本学学生(教職員・その他の招聘参加者はギャラリーで傍聴可とする)

申 込:下記リンクより、6月4日(日)までにオンラインで事前にお申込みください。

    https://goo.gl/forms/tUd07SeTrS5o30co1

問合せ先: 立教大学学部事務4課(経営学部担当)TEL: 03-3985-4772

 

News&Announcements

rss RSS 更新情報

特色あるカリキュラム

  • 経営学科BLP(Business leadership program) ビジネス・リーダーシップ・プログラム
  • 国際経営学科BBL(Billingual Business Leader Program) バイリンガル・ビジネスリーダー・プログラム
  • 大学院MIB(Master of International Business) 国際ビジネス修士プログラム

EFMD
欧州の大学認証機関EFMDのメンバーです。

  • YouTube
  • Picasa
  • twitter