News&Announcements

その他在学生向け研究者向け
立教大学グローバル教育センター、立教大学リーダーシップ研究所共催によるNPO法人日本アクション・ラーニング協会主催「アクションラーニング・カンファレンス2013」を開催します

2013年07月18日 更新|  印刷印刷する

立教大学関係者の皆様

立教大学グローバル教育センター、経営学部リーダーシップ研究所の共催でNPO法人日本アクション・ラーニング協会による「アクションラーニング・カンファレンス2013」を開催いたします。グローバル教育センターと経営学部の教員・学生のプレゼンテーションも含まれておりますので、ふるってご参加ください。立教関係者は参加無料です。(当日は会場受付にて学生証か教職員証、もしくは御名刺をご提示ください。)

【日時】
8月29日(木)10:00-18:00

【場所】
立教大学 池袋キャンパス 太刀川記念館3階多目的ホール
キャンパスマップはこちら(太刀川記念館は、図中左方の立教小学校寄りです)

【プログラム時間割】
プログラム全体はこちらから

【参加申し込み】
下記リンクから事前登録をお願いします。その際、勤務先(通学先)に「立教大学」と明記くだされば受講料無料です。当日は学生証か教職員証、もしくは御名刺をお持ちください。
参加申し込みはこちらから

【受講料】
※本学学生・教職員は無料です。
※懇親会費は別途頂戴いたします。
一般:3,000円 
アクティブステイタス会員:1,000円


アクション・ラーニングは、支援型リーダーシップ・スキル涵養を目的として、質疑応答による問題解決と組織学習を並行して行うユニークな学習環境をつくる手法です。90年代から主に企業研修の手法として広く用いられてきましたが、最近では、ピア・ラーニングやアクティブ・ラーニングの具体的手法としての面が注目され、大学・高校・専門学校での導入が始まっています。そこで、今回のフォーラムでは、立教大学経営学部で実際に導入されているBLP(ビジネス・リーダーシップ・プログラム)とGLP(グローバル・リーダーシップ・プログラム)の事例、さらに企業と大学のコラボレーションによる導入事例をお送り致します。加えて、「ダイバーシティ」をテーマに「ジェンダー・ダイバーシティ」「エイジ・ダイバーシティ」に関する講演、さらに最適解のない複雑な問題を解決するために、立場の違いを超えた対話により、協調アクションを生み出す場をつくる話題の手法「フューチャーセッション」のワークショップもあります。また、国際アクション・ラーニング機構代表のMarquardt教授による講演も行われます。


【内容(教育関係者によるセッション抜粋)】
以下に教育関係者によるセッション時間割を抜粋します。

8月29日 午前10:15-11:15 
講演「パワークエスチョン ~未来を創る質問~」(英語、通訳あり)
Michael J. Marquardtジョージワシントン大学大学院人材開発学部教授
World Institute for Action Learning(国際アクションラーニング機構)代表

午前11:15-12:00
講演「立教大学 BLP・GLPの今」
立教大学経営学部 日向野幹也教授、学部学生、卒業生

午前12:00-12:45
講演「日立ソリューションズ導入事例」
日立ソリューションズ 導入ご担当者様
立教大学経営学部 兼任講師・学部学生


問い合わせ先
経営学部リーダーシップ研究所 
TEL: 03-3985-4519

News&Announcements

rss RSS 更新情報

特色あるカリキュラム

  • 経営学科BLP(Business leadership program) ビジネス・リーダーシップ・プログラム
  • 国際経営学科BBL(Billingual Business Leader Program) バイリンガル・ビジネスリーダー・プログラム
  • 大学院MIB(Master of International Business) 国際ビジネス修士プログラム

EFMD
欧州の大学認証機関EFMDのメンバーです。

  • YouTube
  • Picasa
  • twitter