News&Announcements

その他在学生向け研究者向け
11/8(木)~11/9(金)第7回アジア・アクション・ラーニング・フォーラムのご案内

2012年10月25日 更新|  印刷印刷する

立教大学関係者の皆様

NPO法人日本アクション・ラーニング協会は、立教大学経営学部リーダーシップ研究所と共催で、「第7回アジア・アクション・ラーニング・フォーラム」を開催いたします。経営学部教員や学生のプレゼンテーションも含まれておりますので、ふるってご参加ください。立教関係者は参加無料です。

【日時】:11月8日(木)-9日(金)

【会場】:立教大学池袋キャンパス太刀川記念館
キャンパスマップ(太刀川記念館は、図中左方の立教小学校寄りです)

【プログラム時間割】両日のプログラムはこちらから

【参加申込み】
下記urlから事前登録をお願いします。その際、勤務先(通学先)に「立教大学」と明記くだされば参加無料です。
申込はこちらから


アクション・ラーニングは、支援型リーダーシップ・スキル涵養を目的として、質疑応答による問題解決と組織学習を並行して行うユニークな学習環境です。90年代から主に企業研修の手法として広く用いられてきましたが、最近では、ピア・ラーニングやアクティブ・ラーニングの具体的手法としての面が注目され、大学・高校・専門学校での導入が始まっています。そこで、今回のフォーラムでは、企業での導入事例とともに、大学・高等学校・専門学校での事例を紹介することとなりました。また、国際アクション・ラーニング機構代表のMarquardt教授による講演も行われます。

以下に教育関係者および立教関係者によるセッション時間割を抜粋します。両日のプログラム全体についてはプログラム時間割およびそこからの「詳細」リンク先をご覧ください。

【教育・立教関係者によるセッション抜粋】
初日(11月8日) 午前11:00-12:00
講演「立教大学経営学部BLPにおけるアクション・ラーニング導入」
(英語、通訳なし)
立教大学経営学部教授日向野幹也、学部・大学院学生、卒業生

二日目(11月9日) 午前10:00-11:15 
講演「Leading with Questions」(英語、通訳あり)
Michael J. Marquardtジョージワシントン大学大学院人材開発学部教授
World Institute for Action Learning(国際アクションラーニング機構)代表

二日目(11月9日) 午後A会場(日本語)
14:45-16:15 パネルディスカッション
「成人学習と企業内教育:質問のもつ意味」
 パネラー
 関 冬樹(パナソニック 社史室松下幸之助歴史館館長)
 早坂 めぐみ(キリンビール 企画部 V10プロジェクト)
 日向野 幹也(立教大学 経営学部 教授)
 清宮 普美代(日本アクションラーニング協会代表)

二日目(11月9日) 午後B会場 (日本語)
13-:00-14:00 講演「ALを活用したピア・ラーニング~専門学校の事例」
 アジア太平洋こども会議イン福岡 経営戦略アドバイザー松田美幸
14:15-16:15 演習「高校物理における『アクティブ・ラーニング』型授業の展開
 埼玉県立越ヶ谷高等学校教諭 小林昭文

以上
立教大学経営学部教授・BLP主査・リーダーシップ研究所所長

日向野幹也

News&Announcements

rss RSS 更新情報

特色あるカリキュラム

  • 経営学科BLP(Business leadership program) ビジネス・リーダーシップ・プログラム
  • 国際経営学科BBL(Billingual Business Leader Program) バイリンガル・ビジネスリーダー・プログラム
  • 大学院MIB(Master of International Business) 国際ビジネス修士プログラム

EFMD
欧州の大学認証機関EFMDのメンバーです。

  • YouTube
  • Picasa
  • twitter