教員・研究

活動レポート
NPO法人日本アクションラーニング 年次カンファレンス2014 金井教授基調講演(前編)

2015年07月23日 更新|  印刷印刷する

  2014年7月4日(金)日本アクションラーニング協会主催の年次カンファレンス2014~アクションラーニングによるリーダーシップ開発と組織開発~にて、金井壽宏教授(神戸大学大学院経営学研究科教授、経営人財研究所代表)が“リーダーシップ開発と組織開発”について講演されました。立教大学経営学部の学生レポーターによるレポートを掲載いたします。

  

 講演冒頭での私の所感ですが、金井教授はリーダーシップやモチベーションの分野の第一人者として知られ、かつ様々な専門書や論文も著している方なので、厳格でピリッとした雰囲気を持つ方なのではないかと勝手に想像していました。しかしご自身のアメリカ留学時代の授業風景について、関西人らしいユーモアを交えてお話ししてくださり、私のそれまでのイメージとは真逆で、とても気さくで明るい方でした。

 

組織開発と組織変革

 まず教授は組織開発(Organization Development)と類似のワードとして組織変革(Organizational Change)を取り上げ、組織開発はいろいろな手法を駆使して企業の変革を手助けすることが出来るとおっしゃっていました。

 区別の難しい組織開発と組織変革ですが、前者は漸進的な組織全体の進歩を意味するのに対し、後者は文字通り組織に変革をもたらすことを示します。また、後者の組織変革は、組織行動論や組織社会学を学ぶひとたちの理論的で概念的なテーマとして存在しますが、前者の組織開発には、技法があり、それを効果的に操って、参加者に納得いく形で、ひとりで考えるよりも、はるかによい考えや決定にたどり着く点が味噌だとも強調されていました。そのため、すぐ後で述べるように、非日常的なイベントの場だけでなく、普通の会議の場でも活用できるそうです。

 教授は組織開発のキーワードとして介入者をあげるとともに、介入者は聞き上手であるべきだと述べました。なぜ優れた介入者がいる会議の決定事項は、人々にとって受容可能なものとなり得るのか。それは、介入者が人々の要望や意見に耳を傾けられる能力を持っているからです。もちろん、会議では頻繁に意見の食い違いが発生します。それに対し、優れた介入者は会議の秩序を保ちながら、ひとりひとりの意見を聞き入れ、皆が納得する決定へとファシリテートすることが出来ます。その結果、会議の決定事項は、質が高く多くの人にとって受容可能なものとなるのです。組織開発をガス抜きのようにしか思っていないひとは、決めたことを受け入れてもらうということだけに目がいっていますが、もっと大事なことは、組織開発で決めたほうが、決めたことに納得がいくだけでなく、より質の高い決定に辿り着いていることだとう点が強調されていました。

 これを踏まえると組織開発が、決して容易ではない組織の制度や体質の変革に、多いに役立つことが理解できます。つまり、組織開発による漸進的な変化がいつのまにか大きな変革に繋がるということです。例えばひとりが急に「組織の制度を明日から変えよう。」と言っても、反発がでることは明らかです。一方で、傾聴力をもった優れた介入者であれば、皆の意見を反映した決議、皆の納得感のある決議を導くことにより、徐々に変革が起こり、時間をかければ組織の文化までも変えることができるでしょう。

 

 

学生レポーター 立教大学経営学部経営学科3年 仲村友樹

 (後編へ続きます)

教員・研究

rss RSS 更新情報

特色あるカリキュラム

  • 経営学科BLP(Business leadership program) ビジネス・リーダーシップ・プログラム
  • 国際経営学科BBL(Billingual Business Leader Program) バイリンガル・ビジネスリーダー・プログラム
  • 大学院MIB(Master of International Business) 国際ビジネス修士プログラム

EFMD
欧州の大学認証機関EFMDのメンバーです。

  • YouTube
  • Picasa
  • twitter