社会連携

活動レポート
経営学部の学生が香港理工大学のプロモーションビデオに登場!

2018年11月19日 更新|  印刷印刷する

国際経営学科4年次生(5年一貫プログラムのMIBコースにも所属)の神原祐太郎(かんばら・ゆうたろう)さんが、20182月~5月に交換留学していた香港理工大学(The Hong Kong Polytechnic University)のプロモーション・ビデオに登場しています。ご覧ください。

動画はこちら→Student Exchange @PolyU

 立教大学経営学部と交換留学協定を結んでいる香港理工大学は香港南部にキャンパスがある公立大学です。1937年に貿易学校として創立され、現在ではTHE世界大学ランキングやアジア大学ランキングで上位にランクインする名門校となっています。経営学部は、同大学の伝統的な科目である海事科学などを取り入れながら、ファイナンスや会計、マネジメントといった分野の専攻を設置し、アジアを牽引するビジネススクールとして国際的に評価されています。

 

学友たちと.jpg

 

 

 

 

 

 

香港理工大学の学友たちと(左端が神原さん)

神原祐太郎さん(埼玉県立和光国際高等学校卒)のコメント:

なぜ香港理工大学を留学先として選んだのですか?

前々から会計やファイナンスの能力を伸ばしたいと考えていたので、その専門学科があり、研究も進んでいる香港理工大学は自分に合っていると考えました。また「一帯一路」政策など、中国の政治と周辺国との関係にも興味があったため、香港の学生だけでなく、中国本土や中央アジアからの学生も多く在籍し、話ができる場があると考えたのも大きな要因でした。

学生生活の様子はどうでしたか?

香港の学生は普段は広東語で話しますが、授業は全て英語で行われます。そして、授業は3時間1コマで行われ、少し長く感じましたが、現地の学生は真面目で積極的な学生が多く、とても良い刺激を受けました。日本に興味がある学生が多かったので、多くの学生と友達になれ、授業内外で過ごした時間は忘れられないものとなりました。

社会連携

rss RSS 更新情報

特色あるカリキュラム

  • 経営学科BLP(Business leadership program) ビジネス・リーダーシップ・プログラム
  • 国際経営学科BBL(Billingual Business Leader Program) バイリンガル・ビジネスリーダー・プログラム
  • 大学院MIB(Master of International Business) 国際ビジネス修士プログラム

EFMD
欧州の大学認証機関EFMDのメンバーです。

  • YouTube
  • Picasa
  • twitter