社会連携

活動レポート
『週刊ダイヤモンド』(12/16号)に「立教経営の教育内容が評価されている」という記事が掲載されました

2017年12月12日 更新|  印刷印刷する

『週刊ダイヤモンド』2017年12月16日号のInsideというコーナー(p. 18)に「“早慶並みの難易度を記録 新看板学部で立教大が猛進」という記事が掲載され、立教経営の教育内容が素晴らしいと評価されていて、偏差値も受験界で話題になるほどの高さ(67.5)に達したという記事が掲載されました。

この67.5という値は、私大では早慶以外では立教経営だけだそうで、記事では「関係者の間で衝撃が走った」としたうえで、「快挙の理由は教育を充実させた結果、卒業生が活躍して企業や受験生に注目されたこと」と分析しています。
 
弊学部としましては偏差値の動きにはあまり関心はありませんが、「教育内容の高さ」や「卒業生の活躍」に注目が集まっているとしては、大変喜ばしいことだと考えております。これからも皆様のご期待に添えるように、教職員一同、精進してまいります。 

 

週刊ダイヤモンド表紙__.jpg

社会連携

rss RSS 更新情報

特色あるカリキュラム

  • 経営学科BLP(Business leadership program) ビジネス・リーダーシップ・プログラム
  • 国際経営学科BBL(Billingual Business Leader Program) バイリンガル・ビジネスリーダー・プログラム
  • 大学院MIB(Master of International Business) 国際ビジネス修士プログラム

EFMD
欧州の大学認証機関EFMDのメンバーです。

  • YouTube
  • Picasa
  • twitter