社会連携

活動レポート
立教経営からプロ野球選手誕生...か!

2017年10月31日 更新|  印刷印刷する

立教経営7期生で現在JX-ENEOSに所属している斎藤俊介投手(成田高等学校卒、24歳)が、10月26日に開催されたプロ野球ドラフト会議で横浜DeNAベイスターズに4位で指名されました。契約が成立すれば、立教経営OBとしては初めてのプロ野球選手になります。

斎藤さんは、在学中、経営学部の山口和範ゼミに所属し、スポーツデータ解析を研究していました。3年次生のときには、第4回スポーツデータ解析コンペティションで、「内野のチーム守備力評価に関する研究」という共同研究で「SEM因果分析特別賞」を受賞した経験もお持ちです

 

プロに入った後も、経営学部で培ったデータ分析力を生かして、活躍してほしいものです。みなさん、応援をお願いいたします! 

 

         齋藤俊介.jpg         「立教スポーツ」編集部.jpg

               現役時代の斎藤さん                                  

<関係リンク>

横浜DeNA HP: http://www.baystars.co.jp/team/draft/2017/?p=top

 立教大学Facebook: https://www.facebook.com/RikkyoUniversity

社会連携

rss RSS 更新情報

特色あるカリキュラム

  • 経営学科BLP(Business leadership program) ビジネス・リーダーシップ・プログラム
  • 国際経営学科BBL(Billingual Business Leader Program) バイリンガル・ビジネスリーダー・プログラム
  • 大学院MIB(Master of International Business) 国際ビジネス修士プログラム

EFMD
欧州の大学認証機関EFMDのメンバーです。

  • YouTube
  • Picasa
  • twitter