社会連携

活動レポート
経営学部生が日本航空フランクフルト空港所でインターンシップを体験しました

2017年04月03日 更新|  印刷印刷する

経営学部国際経営学科3年次生(当時)の矢田めぐみさん(関東国際高等学校卒)が、227日から321日までの間、「明日の空へ、日本の翼」を掲げる日本航空のフランクフルト空港所でインターンシップを体験しました。以下は、矢田さんのレポートです。

 
***
 
元々航空業界や海外で働くこと、海外に支店を置く日系企業に興味があり、その上関心のあるドイツとあって私にとって、立教大学グローバル教育センターが提供してくださる日本航空フランクフルト航空所でのインターンシップ・プログラムはまたとないチャンスだったので、応募しました。
 
立教の大先輩でもある空港所長を柱に、優しさに溢れた和気藹々とした職場での業務内容は、ブリーフィング資料やセールスレポートの作成や乗継便の確認、カウンターでの搭乗案内などを行いました。
 
また、1か月間のプログラムには、一便を支える様々なセクションの見学やJALブランド教育、フィロソフィー教育などの講義を受講することができました。そして、スタッフの皆さんが、安全な空の旅の実現のために迅速な判断をし、最善の手段を講じ、情報共有を常にしていることを学びました。
 
さらに、独自の伝統と文化を守りつつ日々新しいJALへと変化し、顧客との信頼関係を築くための企業努力を惜しまない姿勢や方針に感銘を受けました。
 

インターンシップを通して職場の雰囲気を直に感じることで、将来へのイメージが膨らむのと同時に、今後の課題が見えた良い機会となりました。

                       IMG_3442.JPGのサムネール画像            IMG_3098.JPGのサムネール画像

                      IMG_3416.JPG            IMG_3418.JPG

                                                        制服を着て業務をおこなす矢田めぐみさん

 

 

社会連携

rss RSS 更新情報

特色あるカリキュラム

  • 経営学科BLP(Business leadership program) ビジネス・リーダーシップ・プログラム
  • 国際経営学科BBL(Billingual Business Leader Program) バイリンガル・ビジネスリーダー・プログラム
  • 大学院MIB(Master of International Business) 国際ビジネス修士プログラム

EFMD
欧州の大学認証機関EFMDのメンバーです。

  • YouTube
  • Picasa
  • twitter