ビジネス・リーダーシップ・プログラム 経営学科のコア・カリキュラム

活動レポート
09BL0プロジェクト成果発表会本選

2009年07月26日 更新|  印刷印刷する

09BL0本選レポート

学生レポーター経営学科2年蟹江静香

 6月30日、学部1年生必修でBLPの根本となる基礎演習(BL0)の本選がタッカーホールで行われました。5月19日のキックオフか ら企画提案プロジェクトを進め、4,5人からなる全80チームのうちクラス内予選を勝ち抜いた上位6チームが、学部生全員とテーマ出題者のゲストの前でプ レゼンテーションを行いました。今回はグリーンホールディングス株式会社代表取締役社長・小山龍介様と松竹芸能株式会社タレント開発室長・野崎亮介様をゲ ストに迎え、「松竹芸能のお笑いスクールを使った新ビジネス提案」について議論してきました。

ゲストのお二方に審査をして頂き、優勝として選ばれたチームは外国人留学生をターゲットに日本語学校と提携しお笑いスクールを展開するという企画。その他 にもユーモアある教師育成やインターネット通信学習など、学生独特の視点からの新たな発想と共に現実味あふれる提案が発表され、ゲストのお二人も感心しな がら審査してくださいました。またその発表がさらに良くなるためのアドバイスを含めた講評を聞けたほか、今回の本選で初めてクリッカーが導入され、見てい る学生も審査に参加できたので、実際のビジネスにおける論点に気づける良い経験となったことでしょう。

プロジェクトキックオフまでの授業で様々なビジネスツールを学び、それを活かしながら企画を深めてプレゼンテーションまで進めてきました。プロジェクト自 体は終わりましたが、これから行われるフィードバックで自分やチームのメンバーを互いに評価し振り返ることで、今後リーダーシップや他の専門科目の授業を も学ぶ意欲につながるでしょう。

以下、優勝した松本クラス1班浦野紗恵梨さんの手記です。

「今回、BLのプロジェクトで優勝できて本当によかったと思います。大学に入って初めての長期のプロジェクトで、キックオフしても全然話もまとまら ず本当に形にしてプレゼンできるのか、という不安ばかりでしたが、チームの方針が定まってからは、それぞれの役目をよく理解し、分担してプレゼンの準備を 進めることができたので優勝という結果に繋がったのだと思います。また、松本先生とSAの服部さんからの厳しい中にも優しさのあるアドバイスがあったおか げでもあると思います。このプレゼンで優勝できて、いいスタートが切れたと思います。この流れで4年間頑張っていきたいです。 」

以下は本選に出場した全6チームのプレゼンテーション(1)-(6)と講評・表彰の映像(7)です。

BLPトップ

rss RSS 更新情報

特色あるカリキュラム

  • 国際経営学科BBL(Billingual Business Leader Program) バイリンガル・ビジネスリーダー・プログラム
  • 大学院MIB(Master of International Business) 国際ビジネス修士プログラム

EFMD
欧州の大学認証機関EFMDのメンバーです。

  • YouTube
  • Picasa
  • twitter