ビジネス・リーダーシップ・プログラム 経営学科のコア・カリキュラム

立教経営1day Passport
立教経営1day Passportメール配信バックナンバー⑨(2017.11.4配信)

2017年11月20日 更新|  印刷印刷する
立教経営1dayPassport運営チーム

立教大学経営学部では、201816日(土)に立教大学池袋キャンパスにて高校生に「論理思考」の授業体験をしていただく「立教経営1day Passport」を開催します。

このページでは、申し込みいただいた皆さんに定期配信しているメールをご紹介します。

今回は2017114日配信分です。

 

こんにちは!!BL1CA(コースアシスタント)の村上ひなのです^^

 
早いものでメール配信第9弾となりました!

その前に、皆様にご報告があります!!

申し込み者が、なんと約260名程度となりました!!
多くのご応募ありがとうございます。
去年のこの時期は約100名程度でした、、
毎年、応募者が増えていてすごく嬉しいです!
枠が少なくなって来ているので
もうすでに申し込んでいる方は、

お早めにお友達も誘ってぜひ一緒に来てくださいっ️!

 

こちらからご応募ください↓↓↓
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdVlE6MPRacu4Hq6lbGowd9xBxKonLKOhMdzpCf05yS3QgCbw/viewform
 
さて、今回は前回に引き続きインタビュー企画です!
BL1(ビジネスリーダーシップ1)の統括をしてくださっている、コースリーダーの高橋俊之先生にお話を伺いました!!
 
・授業で論理思考について学んでいますが、高橋先生は、普段お仕事をされている中で論理思考はどのように役立っていると思いますか?



高橋先生:仕事を通じていろいろエキサイティングな体験をできたという意味で論理思考が役立ってきました。例えば新卒で入ったベンチャー企業でいきなり責任ある仕事を任されたり、留学制度がなかったのに会社のお金で留学させてもらえるようになったり。今、立教経営でやっている仕事も、これからの大学教育を作って行くようなおもしろい仕事です。元々内向的な自分がこういう経験をできたのは論理思考(考える力)のおかげです。


・高校生にとってこの企画に参加するメリットはなんでしょうか。
 
 
高橋先生:これまで考えていなかったような視点が持てるのではないかと思います。「勉強するってこんな感じ」「大学ってこんな場所」というイメージが変わるのではないかと。勉強はおもしろくて役に立つものだし、大学はとてつもなく自分の世界を広げたり深めたりできる場所ですが、そう言われてもなかなかイメージ湧かないですよね。でも、当日来ると、実践している先輩達と関わる中でぴんと来ると思います。すると、実は高校生活もさらにエキサイティングになって来ると思います。
 

・それでは16日の1day passportに向けて意気込みをお願いします!

高橋先生:大学についてのみなさんのイメージが変わるような1day passportに仕上げて行くつもりです。みなさんと会えるのを楽しみにしています。

今回のインタビューはいかがでしたか?前回は生徒側の声を聞いていただきましたが、今回は社会で実際に働いている側の方の声を聞いていただきました!
普段からBL1を支えてくださっている先生達はすごい方ですが、気さくな方ばかりで私たちも楽しく活動しています!
 

その結果、授業も楽しい雰囲気でできているのかもしれないですね

 
みなさんも1/6の当日は、学生だけではなく先生にも話しかけてみてくださいねっ!
貴重な体験になると思います
 
今回の配信は以上です!
 
立教経営1dayPassport運営チーム
 
 

【お問い合わせ】
下記ページよりお問い合わせください。
https://goo.gl/forms/Tsx24TcAIdkHoaE92

Twitter,Instagram公式アカウント】

立教経営1dayPassportの情報を随時配信していきます。

Twitter: @cob1daypassport

Instagram: @rikkyo1daypassport 

BLPトップ

rss RSS 更新情報

特色あるカリキュラム

  • 国際経営学科BBL(Billingual Business Leader Program) バイリンガル・ビジネスリーダー・プログラム
  • 大学院MIB(Master of International Business) 国際ビジネス修士プログラム

EFMD
欧州の大学認証機関EFMDのメンバーです。

  • YouTube
  • Picasa
  • twitter