ビジネス・リーダーシップ・プログラム 経営学科のコア・カリキュラム

活動レポート
2017年5月20日(土)BL4の中間発表が行われました。

2017年06月05日 更新|  印刷印刷する

 BL4とはBLPの最終科目であり、「社会とのブリッジ」という役割を果たしています。経営学部に加え、他学部の学生も一緒にプランを実行することが最大の特徴です。
今年度は株式会社吉野家ホールディングス様を協力企業に迎え、「既存商品でカバー出来ていないのはどこ?新メニューを創って、作って提案!」に5班に分かれ取り組みました。

 

〈提案を現実に~提案メニューを調理~〉
中間発表は、調理から始まりました。班で考えたメニューを社員の方と一緒に作ります。はじめは不安な様子でしたが、掛け声をかけ合い、社員の方からアドバイスを受けながら全班無事に作り終えました。会場はいい匂いにあふれ、想像以上の完成度の高さに皆満足していました。試食の時間に入ると、受講生たちは自分達のメニューを紹介し合いながら試食しており、その姿は生き生きとしていました。

2017-05-20 14.47.50.jpg

〈どきどきのプレゼンテーション・表彰〉
試食後は考えたメニューについて各班3分間でプレゼンテーションしました。どの班も自分達が実際にお店で食事をしながら調査したデータを元に仮説を立て、想定したターゲットに対する商品提案ができていました。また、質疑応答にも動じることなく、堂々と解答をしている姿が印象的でした。
表彰は、各企業の商品開発担当者が選ぶ「商品企画担当者賞」、試食した全員が投票で選ぶ「おいしかったで賞」、吉野家ホールディングス様とBL4担当教員の長田先生が選ぶ、「優秀賞(優勝・準優勝)」の3つの賞が用意されていました。まず、「商品企画担当者賞」は想像以上の完成度に驚いた商品開発担当者様より、全チームが表彰になりました。また、「おいしかったで賞」は「アークミール」へ「ワインしゃぶしゃぶ」を提案したチーム「LUCKY」が受賞しました。「ワインとしゃぶしゃぶ」という意外な組み合わせが好評でした。そして「優秀賞」の準優勝は「吉野家」へ「吉牛巻き」を提案したチーム「BEEFBOWL」が受賞。優勝は「はなまるうどん」へ「だし焼うどん」を提案したチーム「たかまるはなまるぶらざーず」でした。優勝班の提案は、「はなまるうどん」がまさに課題としている夜の集客に着目した提案でした。
発表後には、商品開発担当者からの各チームのプランへのフィードバックがありました。また、各チームともに担当した業態ごとに記念品の贈呈があり、達成感に満たされた雰囲気の中で中間発表が締めくくられました。

2017-05-20 16.jpg

〈振り返り・後半キックオフ〉
その後は班ごとに振り返りが行われました。特に目立ったのが、チーム内の情報共有不足、データ分析の甘さについてです。感覚論で分析を行っており、自分達の立てた仮説を裏付けるためには、もっと情報を集めることや、様々な角度からの分析がもっとできたら、更に良かった、という意見が出ていました。
 そして、振り返り後はBL4後半キックオフです。ここから7月までの新たな班が発表され、さらに盛り上がりを見せました。後半の課題は「グループシナジーを利用して食以外の商品、サービスを考えよ」です。後半は、中間発表を乗り越え成長した学生達のよりハイレベルな提案が期待できそうです。

18697566_787332388092424_1661643716_o (1).jpg

BLPトップ

rss RSS 更新情報

特色あるカリキュラム

  • 国際経営学科BBL(Billingual Business Leader Program) バイリンガル・ビジネスリーダー・プログラム
  • 大学院MIB(Master of International Business) 国際ビジネス修士プログラム

EFMD
欧州の大学認証機関EFMDのメンバーです。

  • YouTube
  • Picasa
  • twitter