ビジネス・リーダーシップ・プログラム 経営学科のコア・カリキュラム

News
経営学部の舘野泰一助教が「アクティブトランジション」の本を上梓しました

2016年04月18日 更新|  印刷印刷する

 本学経営学部で「リーダーシップ入門」のコースリーダーを務めるなど、BLP科目を担当している舘野泰一助教が共編著者として、アクティブトランジション(能動的移行)に関する本を出版しました。共編著者は東京大学大学総合教育研究センター准教授・立教大学経営学部兼任講師の中原淳氏。

 

アクティブトランジション(能動的移行)」は、舘野助教らの造語で、1)「教育機関を終え、仕事をしはじめようとしている人々が、働きはじめる前に、仕事や組織のリアルをアクティブに体感し、働くことへの準備をなすこと」、その結果として、2)「教育機関から仕事領域への円滑な移行(トランジション)を果たすこと」を指します。

 
本書には、学生から社会人へのアクティブトランジションのために開発された実践モデルが、研究論文と共に収録されてあります。本書で紹介しているワークショップは、各大学で実践できるようになっていますので、大学における就職支援、企業の採用活動に携わる方々にお奨めの本です。
 
 
 
 
 
舘野先生 (1).jpgのサムネール画像

『アクティブトランジション 働くためのウォーミングアップ』

【編著者】舘野泰一、中原

【著 者】木村、浜屋祐子、吉村春美、髙崎美佐、田中聡、保田江美、井上佐保子、三宅由莉、いわた花奈

                  単行本(ソフトカバー): 192ページ

                  出版社:三省堂 (2016/4/15)

                  価格: 3,456

                  ISBN-10: 4385365628

                  ISBN-13: 978-4385365626

 

BLPトップ

rss RSS 更新情報

特色あるカリキュラム

  • 国際経営学科BBL(Billingual Business Leader Program) バイリンガル・ビジネスリーダー・プログラム
  • 大学院MIB(Master of International Business) 国際ビジネス修士プログラム

EFMD
欧州の大学認証機関EFMDのメンバーです。

  • YouTube
  • Picasa
  • twitter