ビジネス・リーダーシップ・プログラム 経営学科のコア・カリキュラム

活動レポート
ウェルカムキャンプ優勝班、H.I.S.ビジネスミーティングへ!

2015年07月27日 更新|  印刷印刷する

今年度BL0クライアントに株式会社エイチ・アイ・エス様(以下H.I.S.様)をお迎えし、2015年4月4日-5日にかけて学部ウェルカムキャンプが開催されました。

 ウェルカムキャンプ内ミニプロジェクトにて課題に対しもっとも良いプランを出した班に、H.I.S.様よりH.I.S.本社でのビジネスミーティングの機会が与えられ、 今回はそのミーティングの様子を学生レポーター2年の森内君がレポートしてくれます。

============================================================================

 BL0が始動した4月のウェルカムキャンプでのワークで、上位1位から3位に輝いた3グループの受講生たちが、“H.I.S.本社でのビジネスミーティング”に特別に招待されました。

 今回は、見事1位を勝ち取ったグループに同行して密着取材を行った学生レポーターの森内が、この刺激的且つ魅力的なビジネスミーティングの様子をお伝えします!
 
 はじめに、H.I.S.社員の方々が実際に働いている様子を見学。仕事する現場の方々の表情を見ることや、職場の雰囲気を生で感じることを通して、一行はリアルなビジネスの世界を体感しました。ビジネスミーティングでは、H.I.S社員の方と会話を重ねながら自己紹介を行う受講生たち。緊張が残りつつも、笑顔溢れる和やかなスタートとなりました。
 
 「社員である前に旅人であれ」という理念から、社員の海外旅行の機会が得られやすいこと、また習うより慣れることを重視するため、新人の多くが現場で活躍していることなど、次々と出てくる興味深い話に、受講生たちは真剣に耳を傾けていました。
 
 受講生からの、「ネット時代である現在、H.I.S.はなぜ店舗数を増やし続けるのか?」という質問に、「例えば予約が埋まっている場合に、機械的なオンラインと比べて、交渉が可能である店舗の存在価値は大きく、+αのコンサルティングができるという点で店舗の存在価値が消えることはない」と回答。以前から聞きたいと思っていた事を、生の声で聞けた喜びを受講生が感じる場面もありました。
 
 続いて、一行はCRSという実際に使われている航空座席予約システムを、特別に体験させてもらいました。受講生は、この他にない機会を楽しむと同時に、空港名や出発日時をコンピューターに素早く入力する難しさを体感したようです。一見華やかに見える旅行業界ですが、このようなスキルを必要とする業務一つ一つが、旅行者の最高な瞬間を演出していることを実感しました。
 
 「大学生のうちに、とにかく情報を知ろうとすること、自分の行動に意味を持たせること、そして目標に対して熱意を持つこと。」社員の方から最後にこの言葉を受け、優勝グループの受講生たちにとって、刺激を受け続けた2時間となりました。
 
ビジネスミーティング②.jpgビジネスミーティング①.jpg

BLPトップ

rss RSS 更新情報

特色あるカリキュラム

  • 国際経営学科BBL(Billingual Business Leader Program) バイリンガル・ビジネスリーダー・プログラム
  • 大学院MIB(Master of International Business) 国際ビジネス修士プログラム

EFMD
欧州の大学認証機関EFMDのメンバーです。

  • YouTube
  • Picasa
  • twitter