ビジネス・リーダーシップ・プログラム 経営学科のコア・カリキュラム

活動レポート
【BLP Advanced 第5回キャリア教育アワード受賞コメント】国際経営学科3年生担当SA

2015年02月04日 更新|  印刷印刷する

2014年度BLP Advancedへの取り組みについて経済産業省から日本HP様が評価され、キャリア教育アワードを受賞しました。受賞についてのコメントをBLP Advancedの提携企業である日本HP甲斐博一様、コースリーダーの津吹達也兼任講師、経営学部でSAの2名よりコメントをいただきましたので紹介いたします。

 第3回目はBLP AdvancedのSAを勤めてくださった経営学部国際経営学科3年の大井竣平さんのコメントを紹介いたします。以下、コメント分です。

Question①:BLP Advancedとは・・・

拙筆による解説は、受講生たちの本音の前には不要であり、彼らの声からBLP Advancedの本質に触れて頂けたら、と思い、以下、過去3年間における受講生の感想・振り返りより抜粋し、ご紹介させて頂きます。(学年は受講当時のもの)

吸収したものは経営学的なことから精神的なものまでさまざまです。1,2,3年後 私も先輩方のようになってるの!?なれるの!?と思うと絶望したくなりますが、素晴らしいロールモデルがすぐそばにいるというだけで心強いです。(2012年度受講生・経営学部1年)

図書館のフリースペースがすごく印象に残っています。あそこでは大体どこかのチームがmtgをしていて、ライバルなのだけれど、奇妙な一体感がある。そんな状況がすごく好きでした。(2012年度受講生・経営学部2年)

思う存分、社員のみなさんの懐に飛び込ませていただきました。そしてみなさん、学生と本気で向き合って本気のフィードバックをしてくださいました。チーム11 Rep社員早川さんが”顧問”ではなく”メンバー”になって下さったのがすごく嬉しかったです。(2012年度受講生・経営学部4年)

僕が今回のBLP Advancedを通して一番学べたことは、「自分の未熟さ」です。こんなことを言ってたら他の人に怒られるかもしれませんが、正直僕は優勝した時に得た感動や達成感があまり大きくありませんでした。むしろ悔しさが残ったくらいです。(2013年度受講生・経営学部1年)

参加を決めたからには1つでも2つでもチームに貢献し優勝をしたいという思いから、他大学ではあるもの週4程度で立教大学まで行き(自分の学校は週1にも関わらず)、参加率の面からコミットする努力をしました。(2014年度受講生・明治大学4年)

この2か月アドバンスに取り組んで、「ビジネス」は難しく、そしてとても責任の重いものだと感じました。(2014年度受講生・経営学部既卒)

 Question②:なぜBLP AdvancedのSAになろうと思ったのですか。

今年の夏に、担当講師である津吹先生に対し、過去二年間の受講生アンケートの集計、分析とそれに基づく改善提案をさせて頂く機会を頂きました。さまざまお話をさせて頂いた上で、それらを実現に向けて、試行錯誤していくことになったのは自然なことでした。
通常のBLP科目で想定されるSAの権限を遥かに越えて、職務設計をして頂き、分科会の戦略クラスを担当させて頂くなど、貴重な経験を得られたことに心より感謝しています。

Question③:BLP AdvancedのSAを終えて苦労したことがあればお聞かせ願います。

BLP Advancedという受講生からの期待値が極めて高い科目の中で、分科会におけるカリキュラム設計とその運用を行うことは当初想像して以上の重圧があり、大変な責務だと日々感じていました。津吹先生や甲斐様はもちろんのこと、プロジェクト型授業の実践に豊富な経験を持つ松永先生や学習環境デザインに明るい舘野先生など、多くの方々にご支援頂きながら最後まで役割を全うすることができました。この場をお借りして、改めて御礼申し上げます。

Question④:BLP Advancedを通じて学んだことがあればお聞かせ願います。

BLP Advancedは、ロンドンでオリンピックが開かれ、IPS細胞を開発した京都大学の山中伸弥教授がノーベル医学生理学賞を受賞した2012年の後期、その年のBL0に続き、日本HP株式会社をクライアントに擁し、正課外科目として開講いたしました。
全学年から受講生が集い、各チームにHP社員をメンバーとして迎え、本格的なビジネスプランニングの講義を提供し、類を見ない、まさにAdvancedな存在として、今年度までに140名近くの学生を受入れてきました。三ヵ年計画の最終年である今年度も、合宿や分科会実施によるジグソーメソッドの導入など、新たな施策を行い、さらなる進化を図りました。
こうしたBLP Advancedにおける全ての取り組みの核心にあるのは、ビジネスとリーダーシップ、そしてテクノロジーが持つ力を信じる、という価値観です。「未来を担う次世代のITビジネスのリーダーを育むことで、私たちが自らの手で、未来を変え、時代を動かしていくことができる。」それは2012年の開講以来BLP Advancedが、集い挑む人が変わっても、変わらず抱いてきた意志です。
今その意志を継いだ人々が、さまざまな場所で、それぞれのリーダーシップを発揮し、良い時代をつくる挑戦を始めています。将来、BLP Advancedの同窓生たちの手によって、幾つもの"Something Advanced"が生み出されていることでしょう。
BLP Advancedは、私たち学生に、"Something Advanced"へ挑む気概を授けてくれました。

 

Advanced 大井君写真.jpg

 

 


 

BLPトップ

rss RSS 更新情報

特色あるカリキュラム

  • 国際経営学科BBL(Billingual Business Leader Program) バイリンガル・ビジネスリーダー・プログラム
  • 大学院MIB(Master of International Business) 国際ビジネス修士プログラム

EFMD
欧州の大学認証機関EFMDのメンバーです。

  • YouTube
  • Picasa
  • twitter