バイリンガル・ビジネスリーダー・プログラム 国際経営学科のコア・カリキュラム

活動レポート
冬期Overseas EAP(短期海外留学プログラム)がスタートしました!

2019年02月15日 更新|  印刷印刷する

2018年度冬期Overseas EAPプログラムに参加する経営学科1年次生38名と国際経営学科1年次生4名が、2月5日(火)と2月7日(木)にそれぞれの派遣先大学へ向けて出発しました(オーストラリア:Queensland University of Technology、カナダ:University of Victoria)。

経営学部には入学から卒業までの4年間を通じて世界を身近に感じられる学びの環境が整っていますが、そのまず最初のプログラムが1年次生を対象とした正課、Overseas EAPプログラムです。

国際経営学科生は原則全員このブログラムを春学期に履修し5か月の事前研修を経て夏期休暇中に留学しますが、経営学科生も希望者は秋学期に履修し冬季休暇中に留学プログラムに参加することができます。これは単なる語学留学ではなく、現地の企業に対してビジネスプランを英語で提案することが課題となっている立教大学経営学部のためだけに独自に開発されたプログラムです。参加する学生たちは、リサーチの一環として、現地企業の視察や、経営者および社員へのインタビューなども行います。同時に学生たちはホームステイなどの機会を通して、現地の人々と交流し、異文化理解を深め、コミュニケーション能力を向上させます。

参加者たちは5ヶ月間に及ぶ週1回の事前研修の間、英語力を高めるさまざまな課題をこなし、この留学に備えてきました。そして、いよいよ出発の日を迎えて、空港ではこれからの海外生活が楽しみで仕方がない様子でした。

3月には一段と成長した姿で帰国してくれることを今から楽しみにしています。

経営学部 BBL事務局

 

QUT Feb 2019 OEAP - 11.jpg   IMG_8749.jpg

                           オーストラリア                                  カナダ
               Queensland University of Technology                     University of Victoria

BBLトップ

rss RSS 更新情報

特色あるカリキュラム

  • 経営学科BLP(Bilingual Business Leader Program) ビジネス・リーダーシップ・プログラム
  • 大学院MIB(Master of International Business) 国際ビジネス修士プログラム

EFMD
欧州の大学認証機関EFMDのメンバーです。

  • YouTube
  • Picasa
  • twitter