バイリンガル・ビジネスリーダー・プログラム 国際経営学科のコア・カリキュラム

活動レポート
2016年度冬期Overseas EAPが始まりました

2017年02月10日 更新|  印刷印刷する

 2017年2月4日および5日に経営学部経営学科の1年次生60名が2グループに分かれて、提携大学での海外研修に向けて出発しました。今回の派遣大学はカナダのビクトリア大学(UVic)とオーストラリアのクイーンズランド工科大学(QUT)です。

 
学生はホームステイを通して現地の人たちとの交流を体験します。大学での授業においては、主に経営学を英語で学ぶための基礎固めと、英語でのビジネス・プレゼンテーション能力を向上させます。研修が始まると、現地のビジネスに関連した課題が与えられ、チームごとにビジネスプランを立案し、研修の最終段階でプレゼンテーションを行い、評価を受けます。3週間の短い研修ではありますが、充実した日々を過ごしてもらいたいと思っております。
                                                                                              報告:教育研究コーディネーター コリア倫子
 
     bblhp掲載①.jpgのサムネール画像のサムネール画像 bblhp掲載②.jpgのサムネール画像
              出発前の学生たち(成田空港にて)

BBLトップ

rss RSS 更新情報

特色あるカリキュラム

  • 経営学科BLP(Bilingual Business Leader Program) ビジネス・リーダーシップ・プログラム
  • 大学院MIB(Master of International Business) 国際ビジネス修士プログラム

EFMD
欧州の大学認証機関EFMDのメンバーです。

  • YouTube
  • Picasa
  • twitter