バイリンガル・ビジネスリーダー・プログラム 国際経営学科のコア・カリキュラム

活動レポート
国際経営学科1年次生対象「Overseas EAP」事前研修レポート①

2016年06月06日 更新|  印刷印刷する
Jackie.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像

2016511日、カナダのビクトリア大学(University of Victoria)のイングリッシュランゲージセンター長であるジャッキー・プラウス先生が来学。今夏、ビクトリアを訪れる予定の国際経営学科1年次生30名に対してお話をしてくださいました。

 

国際経営学科の1年次生のほぼ全員(150名)は、BBL(Bilingual Business Leader Program)の正課科目として8月に実施される短期留学プログラム「Overseas EAP」に参加予定です。この留学プログラムは、2ヶ国5大学において約3週間実施され、学生たちは英語で現地のビジネス課題を学び、最後にはビジネス・プレゼンテーションを英語で行います。春学期中は、派遣大学ごとに分かれて行われている事前研修に毎週1回参加しています。

 

ビクトリア大学のプラウス先生は、現地のプログラム内容のほか、ビクトリアの天候やおすすめの食べ物などに関しても説明してくださいました。1年次生たちは現地ビクトリアでの生活体験への期待が、今まで以上に高まったようです。また、彼らが一番気にかけていたホームステイ・プログラムについてもプラウス先生が詳しくご説明してくださったおかげで、不安が解消されたようでした。


豊かな自然に恵まれ、親切な人々が住んでいるビクトリアでの生活と学習がより素晴らしいものになるように、学生アシスタント(SA)である私も、出発までの残り2カ月間、全力で後輩たちをサポートしていきます。

 

報告:国際経営学科2SA
小島みなみ
宮城県仙台二華高等学校卒
 

 

 

 

 

 

BBLトップ

rss RSS 更新情報

特色あるカリキュラム

  • 経営学科BLP(Bilingual Business Leader Program) ビジネス・リーダーシップ・プログラム
  • 大学院MIB(Master of International Business) 国際ビジネス修士プログラム

EFMD
欧州の大学認証機関EFMDのメンバーです。

  • YouTube
  • Picasa
  • twitter