学部案内

教育目的・学習成果・学習環境 (学士課程教育)

  

aa.jpg

経営学科 国際経営学科

教育目的

価値観が多様化し急変する現代社会において、明確なビジョンと高潔さを有し、持続可能な社会の構築に向けて、経営学に関する専門知識を生かしつつリーダーシップを発揮する人材を育成する。

学習成果

「学士(経営学)」を授与される学生は、以下のような能力を有する。

  1. 高い倫理観を持って、自らの言動・価値観を批判的に内省しつつ、行動できる。
  2. 偏見を持たずに様々な文化背景・生活体験を有する人たちと良好な人間関係を構築し、協働的に作業ができる。
  3. 英語以外のもうひとつの外国語で、平易な会話、読み・書きができる。
  4. 卒業後も、様々な問題について興味を持ち、自らテーマを設定し、真理を探究するために自律的・創造的に研究・調査できる。
  5. 経営学全般に関する知識や情報を批判的に取捨選択し、様々なビジネス・プロジェクトに活用することができる。
  6. 経営学領域の少なくとも一つの分野に関する深い知識を持ち、様々な課題を分析し、ビジネス・プロジェクトを論理的に立案し、実行できる。
  7. とくに経営学科に在学した学生は、様々なビジネス場面で各種ビジネス分析ツールを活用しつつ、問題解決のためにリーダーシップを発揮できる。
  8. とくに国際経営学科に在学した学生は、ビジネス・プレゼンテーション、会議、交渉を英語でも行うことができる。

学習環境

  経営学部では上記のような学習成果を生み出すために、以下のような学習環境を提供する。

  1. 入学当初にオリエンテーション合宿を開催するなど、学生生活の当初から学びの共同体を形成する。
  2. 学部長がすべての1年次生と面談するとともに、4年間にわたり専任教員の1名が担任(アカデミック・アドバイザー)として、学習上のアドバイスを適宜与える。
  3. すべての学生が1年次より経営学、経済学、会計学、企業倫理の基本的知識を得る科目を履修し、希望するすべての学生が2年次以降専門分野に関する講義を日本語または英語で履修できるカリキュラムを提供する。
  4. すべての学生が1年次より少人数の演習科目を履修し、希望するすべての学生が2年次より3年間にわたり専門分野に関する演習科目を履修できるカリキュラムを提供する。
  5. 企業人によるレクチャー、上級生・大学院生による下級生への助言、短期研修で訪れる外国人学生および長期留学生との討論・交流など、教員や同級生以外の相手ともコミュニケーションを取り合える機会を提供する。
  6. すべての学生に、経営学領域の専門科目群を、教科レベルに応じて系統立てて日本語と英語で学習できる機会を提供する。
  7. 学生の学習の進捗および達成度を測るために、国際標準のGPA制度を適正に運用する。
  8. 主に経営学科の学生を対象に、リーダーシップ教育科目を系統立てて履修できるカリキュラムを提供する。
  9. 主に国際経営学科の学生を対象に、英語で専門科目を段階的に履修できるカリキュラムを提供する。 
  10. 国際経営学科のすべての学生、経営学科の希望する学生に、Overseas EAP(海外EAP)を、さらに希望者には海外リーダーシップ研修、海外インターンシップといった海外研修を体験できる機会を提供する。
  11. 卒業する学部生の約10%(国際経営学科に限れば約20%)の学生が、在学中に6ヵ月間あるいは1年間にわたり海外の大学に留学できる機会を提供する。

 

学部案内

特色あるカリキュラム

  • 経営学科BLP(Business leadership program) ビジネス・リーダーシップ・プログラム
  • 国際経営学科BBL(Billingual Business Leader Program) バイリンガル・ビジネスリーダー・プログラム
  • 大学院MIB(Master of International Business) 国際ビジネス修士プログラム

EFMD
欧州の大学認証機関EFMDのメンバーです。

  • YouTube
  • Picasa
  • twitter